2023年1月10日火曜日

【レポート】第8回最終成果発表会・修了式(後編)

【なは市民協働大学院 第8回】
日時:2022年12月3日(土) 14:00~17:00
会場:なは市民活動支援センター会議室2・3
参加:受講生 21名・Cheers 7名・一般 14名


講評・総評

島田聡子|チアーズ・那覇市協働によるまちづくり推進協議会副会長
地域の顔が見える関係づくり、なんでも相談できる地域、地域のことを知ってもらいたいなどのテーマが多かったのが印象的。
コロナ禍でも次に向かって一歩を踏み出そうという企画に、頼もしさを感じた。企画を進める中で、最初の思いやイメージが見えなくなる時、「実現したい姿」に一歩でも近づけたかどうかをぜひ振り返ってほしい。同じ仲間としてよろしくお願いします!



城間幹子|なは市民協働大学院前学長
市民目線の課題が見えてきて、力強いサポーターを那覇市は得たと感じた。
協働大使のお誘いもあったので、地域の核になる人材として、芽を出し、羽を広げて役割を担い、自分の足元から安心・安全の那覇市にしていけるように頑張っていただきたい!
みなさんの活動が波及して、元気な那覇市になりますように。ありがとうございます!!


渡慶次一司|那覇市市民文化部部長
地域愛、熱い想い、楽しいアイディアが伝わってきた。
自分自身にも気づきが多かった。台風の影響で楽しみにしていた合宿が中止になったということもあるが、受講生のみなさんとの横のつながり、チアーズの先輩方との関係性も継続していく中で、地域での活動を続けていただきたいなと思った。
本日はどうもありがとうございました。


修了式

無事発表会を終え、最後は修了式です。
なは市民協働大学院の新学長に就任された知念学長からのご挨拶です。

知念覚|なは市民協働大学院学長
夢には、理想・計画・実行、その先に成功がある。
皆さん、身近にあるものからのプランだった。実現するためには人が必要で、提案も必要。
課題はそれぞれの地域であるけれど、ぜひ行政とも連携していただきたい。
参加している那覇市の職員も持ち帰るものもあったと思う。
今後につながっていくはずなので、修了されても、ぜひ末長くよろしくお願いします。


修了書授与

次に、修了生26名中、20名お一人お一人に修了証が授与されました。


また、スタッフ・受講生一同を代表して、事務局長の宮城潤から感謝を込めてチアーズの皆さんに感謝状が授与されました。
舞台にあがるときにかっこよくポーズ!という無茶振りにも応えてくれたチアーズの皆さん☆



修了生代表挨拶|新都心チーム

最後に、新都心チームの本永万希子さん、金城孝郎さん、島袋君子さんからそれぞれご挨拶をいただきました。
不完全プランニングの重要性、そして異色種が一緒に活動する楽しさを感じたと言葉にしてくださいました。


講師、那覇市職員、チアーズ、事務局に向けた感謝の言葉に感動です。
挨拶のあと、なんと手作りランタンのプレゼントのサプライズ!
心遣いに感激の修了生挨拶でした~♡


改めまして、修了生のみなさま、本当におめでとうございます!
今後のご活躍を楽しみにしています☆




【動画】第8回 最終成果発表会・修了式

第8回 最終成果発表会・修了式
当日の様子を動画でアップしました、どうぞご覧ください。

第8回講座 最終成果発表会・修了式|なは市民協働大学院2022



2022年12月27日火曜日

【レポート】第8回最終成果発表会・修了式(前編)

【なは市民協働大学院 第8回】
日時:2022年12月3日(土) 14:00~17:00
会場:なは市民活動支援センター会議室2・3
参加:受講生 21名・Cheers 7名・一般 14名


第8回は、最終成果発表会・終了式です。
発表会では、約半年間頑張って来た活動や学びの成果を存分に発揮していただきました!
大学院で取り組んできた内容を説明した後は、各チームのアクションプランを発表。
そのまま修了式を行い、修了生お一人づつに修了証書が授与されました。



大学院についての説明

最終日、舞台や飾り付けもあり、いつもとは一味違う雰囲気の大学院。
なは市民協働大使の大城俊雄さんにご提供いただいた植栽が華やか!!
これまでの受講の様子をまとめたスライドショーでみなさんをお出迎えして、最終成果発表会スタート☆
まずはじめに事務局の宮城潤から、なは市民協働大学院2022の取り組みについて説明しました。


コロナ禍ということで、3年ぶりの開講でした。初めての顔合わせはどんなお気持ちだったでしょうか。
第2回講座では、那覇市第5次総合計画・まち協・OG/OBの活動の紹介。
そして今年度はじめて取り入れた「小学校区まち協カルテ」と併せて、様々な情報・統計サイトなども活用して、数字で地域を把握することを学びました。

第3回は永田さんの公開講座!地域に関わる人の役割「水・土・風・種」や「不完全プランニング」「プラスクリエイティブ」について学びましたね。



公開講座を踏まえて、教材・じゃばら手帳を活用して頭を整理した第4回講座でした。

楽しみの強化合宿(第5回講座)は、台風で宿泊ができず本当に残念でしたが、オンラインツールの活用で、じっくり・しっかり話し合いましたね。
「斜にかまえる・構えない」「アイデアマッチング」では、企画づくりを一気に面白くする視点を学びました。

安谷屋さんの「コミュニティ・オーガナイジング」(第6回講座)では、共感を広げるストーリーづくりについて学び、プレゼンに向けたイメージがぐっと見えてきた方もたくさんいたのではないでしょうか。



企画を実現するために行政、各関係団体から相談やアドバイス・ブラッシュアップと、石垣綾音さんからのプレゼンのコツをレクチャー頂きましたね(第7回講座)。


今年度も「じっくり・しっかり・ちゃっかり」をテーマに、現状把握から課題の設定、そしてそれを楽しく解決するための企画の手法を学びました。
チーム編成が地域ごとということで、興味の異なるメンバーでお互いの「ビジョン」を共有するのは時間もかかり、難しさを感じた方もいたと思います。
お互いの得意や専門性に幅があればあるほど、自分にはない視野が広がる瞬間があったりと、同じ興味の人たちとの目標達成とはまた違う面白さがあったのではないでしょうか。

そして、ついに最終成果発表会です!!
各チーム、どんなことを企画し、実践に向けて準備してきたのか、泣いても笑ってもこれが最後の大学院の講座となります。楽しみです☆

発表&修了式について

新都心|「はじめのいっぽ」たねまきコミュニティ
対象:新都心に住むすべての世帯の人たち
内容:新都心公園でスポーツレクやウォーキングラリーを開催。島野菜レシピの提供や血圧チェック・健康相談もでき、ゆんたくもできる場をつくる。隣人や道ゆく人と顔見知りになり、困ったことや災害時に助け合える地域を目指す。キーワードは「ゆるく・ながく・かかわりつづけられること」


Q&A
Q:スタンプラリーはどんな形式で開催するのか?
A:カード形式でスタンプが溜まったら、島野菜レシピがもらえるなどの仕掛けを考えている。

チアーズコメント|知念
Q:人に焦点を当ててるところ、実例があったのも良い。具体的に「はじめのいっぽ」とは?
A:新都心公園で1月に実施予定。その後、1ヶ月に一回程度実施して、ニーズ調査をしていきたい。


那覇西|天妃ぼうさい井戸端会議
対象:天妃小学校区の20〜40代の防災に意識のある人たち
内容:防災をテーマに、みんなで話し合える場として「井戸端会議」を開催。正しい知識や情報を得て、防災が自分ごとになり、地域の中での顔のつながりをつくる。「よくばらない・急がない・一歩づつ」毎年5名メンバーが増えることを目標に継続していく。
興味ある方は、準備会のQRコードからご登録を!!


Q&A
Q:実際に集まれる場があれば参加したい。活動拠点をつくる予定は?
A:しばらくはまち協を拠点に活動して、メンバーが増えたら拠点を作りたいと考えている。
Q:今まで取り組んできたこと、今後取り組みたいことは?
A:天妃小まち協には説明をしていて、防災講座の開催など、まち協とともに動いていけるよう計画中。

チアーズコメント|萩原
助けられる側の人たちも資源として力を発揮してもらおうという発想や、準備会のQRコードを提示して、メンバーを50名に増やす仕掛けも用意されていて素晴らしかった。



真和志|行こう!昼の栄町市場
対象:市場近隣の住民等
内容:昼の栄町の魅力は店主の人柄や独特のコミュニティにある。言葉や写真だけでは市場の魅力は伝わらないので、実際に市場に足を運んでもらえるよう、PTAで市場主催のツアーに参加してもらうなどして、市場の魅力を伝えていく。メンバーそれぞれの市場でのエピソードをこの場で伝えることが、活動の第一歩。この時間も早く栄町に行きたくてうずうずしている!!


Q&A
Q:栄町の魅力を感じている一人として、子育てママが子どもと一緒に
ゆっくりできる場所はあるか教えてほしい。
A:椅子やベビーカーを用意している店舗もある。コロナ感染対策で現在は飲食不可となっているので、開放していけることが今後の課題。
Q:栄町のツアーにはどうやって参加できるのか?
A:随時開催されているので、組合事務局に問い合わせれば参加できる。

チアーズコメント|金城
チームの世界観溢れる発表を力を抜いて聞かせてもらった。日常の中で浸透してほしいという思い、自分たちの身の丈にあった企画内容に落とし込めていると感じた。チームオリジナルのツアーをぜひ企画していただきたい。



中心市街地|市場で三時茶〜
対象:身寄りがなく、誰にも頼れず悩み事を抱え孤立している高齢者
内容:お茶と茶菓子を無料提供して、ゆっくり語り合うだけのお茶会を、栄町市場で週末に開催。支援機関にも情報提供を行、参加者の希望があれば各機関につなげる役割も担っていきたい。


Q&A
Q:三時のお茶というのが面白い。お茶は何茶を提供するんですか?
A:おいしいさんぴん茶や、市場にあるシナモンお茶など何種類かを提供できればと考えている。

講師コメント|安谷屋
何が自分にとって大変だと感じるラインなのか、というのを気軽に話せる状態、相談できる場所を知ってもらえる状態をつくることを目指している企画ということが伝わった。困り事を話してくれることが支援のヒントに繋がり、相談者自身が別の誰かの役に立つという可能性と拡がりを感じる企画だと思った。



小禄|朝ごはんマルシェ
対象:高良小学校区
内容:「早寝・早起き・朝ごはん」をスローガンに替え歌で表彰された実績がある高良小学校区。「朝ごはん」をキーワードに具志エリアのスカイスポーツ駐車場広場で「マルシェ」を開催。顔が見える関係づくり、地域の資源を活用して、資源と人とモノをつなげていく。3ヶ月に1回開催し、定着したら1ヶ月に1回開催していく予定。


Q&A
Q:効果をあげたあと、小さな取り組みにつなげていくという戦略があると思うが、もう少し詳しく教えて欲しい。
A:まずは多くの方に知ってもらえるように仕掛けていきたい。その後、それぞれのニーズにあわせて、開催地をなどを展開していければと考えている。

チアーズコメント|糸数
大きく周知し、キーパーソンとつながり、その後地域に下ろしていくという戦略も素晴らしいなと感じた。学校とうまく連携して成功していただきたい。「早寝早起き朝ごはん」を辛いと思う方も排除されない優しい取り組みになって欲しい。



首里|新入生スタンプラリーまつり
対象:城北小学校区の入学前の新1年生とその保護者
内容:「安全に歩けるスクールゾーンを目指して」をテーマに、もしもの時に駆け込める場所や地域に根付いているお店などに協力いただき、ウォークラリー・スタンプラリーを実施。新中学生や親高校生になる先輩たちをスタッフに巻き込み、「顔」のみえる地域を目指す。


Q&A
Q:実際の距離や110番の家を何箇所まわるのを想定しているのか?
A:20分で歩けるコースを3パターンくらい考えている。110番の家については数は確認中。
Q:首里地区に校区まち協がないので、城北でやる場合、その発展性も含めてお聞きしたい。
A:地域との関係性があまりないので、まずは交流の場をつくりたい。

チアーズコメント|南
子どもは親をよく見ている。親が安心するというのはひとつ大事なポイント。
実現可能な企画だと思う。SDGsにもつなげてお話してくれたように、長い目でみた可能性も含めて地域住民にも周知していくと、ゆくゆく大きな伸びしろにつながるなと思う。
ぜひ、実現してほしい!!


続きは後編で!!

2022年11月16日水曜日

【レポート】第7回講座_企画ブラッシュアップ/発表準備

第7回講座「企画ブラッシュアップ/発表準備」
日時:2022年11月8日 18:30~21:00
会場:なは市民協働プラザ2F なは市民活動支援センター 会議室2・3
全体進行:石垣綾音
受講生:17名/チアーズ:6名/ゲスト:14名

プログラム内容
1. 本日の流れ・ゲスト紹介
2. 目標設定(進捗共有と今日の相談事項)
3. 企画ブラッシュアップ
4. プレゼンのコツ
5. 最終発表と修了式について
6. 連絡事項



1. 本日の流れ・ゲスト紹介

那覇市の各課・関係機関の方々をご紹介。
なはまち振興課、都市計画課、防災危機管理課、保護管理課、
市民生活安全課、那覇市社会福祉協議会、福祉政策課、
那覇市包括支援センター泊、ゆいまーるの会、栄町市場商店街振興組合など、
総勢14名のゲストのみなさまにご参加いただきました!!



2. 目標設定(進捗共有と今日の相談事項)

各チームで進捗報告をした後、ゲストに向けて簡単な企画概要と相談事項を発表しました。


首里|新入生スタンプラリー祭り
新一年生(入学前)とその保護者を対象としたウォークラリー・スタンプラリーを企画している。
スタンプラリー当日は大勢が歩くので、交通安全面が気になっている。
また、最終的には、スクールゾーンを作りたいので、その点について意見を伺いたい。



那覇西|ぼうさい居酒屋おやじの会
天妃小学校区で、防災カフェをはじめとして地域の繋がりを強めて防災力を高めていきたい。
防災についての講演を予定しているので、そこで人集めがしたい。
特に、先生方・保護者の方の理解を得るため、PTAを巻き込みたい。
今日は、社協にもぜひ意見をいただきたい。




中心市街地|もぐもぐピクニック
大人の居場所、社会的弱者が地域社会と繋がる機会が少ないので、
支援団体と協働で食料・食事の無料提供やワークショップを実施予定。
牧志公園、栄町市場を会場として考えているので、公園管理課の方に意見を聞きたい。



真和志|おとなもこどももホッとできる栄町市場
栄町市場周辺住民等をターゲットに、ホッとできるスペースを提供したい。
栄町のどこでやるかを市場の方に聞いてみたい。
10~20円などで買い物できる仕組みを考えて、子どもたちにも向けて企画してみたい。
組合の方、イベント関係者をステークホルダーにお呼びしているが、
なはまち振興課にも意見を聞きたい。



新都心|新都心おもろ健康づくり
屋内・屋外でのアクティビティに加えてウェルビーイング調査実施等を行う予定。
自治会加入率が低いので、そういったことも相談していきたい。
データを今後とっていきたいので、地域包括支援センターとも連携していきたい。



3. 企画ブラッシュアップ

各チームにゲストの皆さんが参加して、ブラッシュアップ!!
1時間たっぷり、各課・関係機関のみなさんからご意見いただきました。


企画づくりのじゃばら手帳も活用している受講生もいて、嬉しかったです!!



4. プレゼンのコツ

ファシリテーター・石垣綾音さんによる
「伝えるプレゼンのコツ ー今日から使える技術たちー」
これはすごく使えます!!みなさんぜひ、最終発表でご活用くださいね



スライド編▶︎

①明確なメッセージ
スライド1枚にメッセージは1つ
できれば一番大きく表示することで明確に伝わる

②読みやすさ、文字
おすすめフォント:メイリオ、遊ゴシック
高さと端を揃えて適余白もとる
前のスライドと合わせるとなお良し!

③強調の方法
文字の大きさで主張する
大事なところに蛍光ペンを入れるのは今どき☆
色を変えたり、太文字にしたり方法はいろいろあるが、
見出しはこれ、本文はこれ、と決めておくとスッキリする

④雰囲気の統一
色は3色以内で!
モノクロ+2色くらいがちょうど良い
使用するグラフの色から逆算する方法もあり

語り編▶︎

①ストーリーを伝える
起承転結を忘れて、結論を先に伝える
自分ではなく、聞き手の思考プロセスに合わせて話をする!
さらに、第6回で学んだ「パブリック・ナラティブ」も活用すると、
より効果的に伝えることができる!!

提案
・パブリック・ナラティブで、聞き手の心をつかむ
・ロジカルなプレゼンで納得させる
・最後の具体的なアクションで仲間に引き込む!
※パブリック・ナラティブに引き込むコツは、語り手に集中させること!
 なので、資料は最低限にまとめる!!

②〇〇を使いこなす

接続詞最強説▶︎

「接続詞」は前後の情報がどのような関係があるかを教えてくれるので、
聞き手が情報を受け取る準備ができる!!

そ・し・て
接続詞を効果的に活用するには、台本を書いて、練習することが大切!
以下、使える接続詞を意識して使ってみよう

【論理】ロジックのつながりを表す
●順接:だから、そこで、すると、ならば
●逆説:しかし、にもかかわらず、とはいえ

【理解】理解をうながす情報を追加する
●言い換え:すなわち、むしろ
●例示:たとえば、実は、特に
●補足:なぜなら、なお

【整理】情報の関係を整理する
●並列:また、さらに、かつ
●対比:対して、一方、反面、また
●列挙:第一に、最初に、次に

【展開】説明を次のステップにすすめる
●転換:ところで、では、そもそも
●結論:このように、というわけで、いずれにしても、ともかく

参考文献:「ついやってしまう体験のつくりかた」

③前を見て話す
伝えようとする姿勢・自信が伝わるのと、
聞き手の反応を見るためにも前を見て話そう
最初と語尾の重要なところだけでも顔を上げるだけでも印象は変わる!!

④プレゼンに役立つサイト

●伝わるデザイン

●いらすとや

●ちょうどいいイラスト

●イラスト沖縄
https://illust.okinawa/




5 最終発表と修了式について

日時
:2022年12月3日(土)14:00~17:00
会場:なは市民協働プラザ2F なは市民活動支援センター 会議室2・3
※修了式は、発表会終了後に行います。

発表形式:自由
発表時間:発表8分、質疑応答5分、チアーズコメント1分
リハーサル:12:30~
プレゼンデータ提出〆切2022年11月30日


気になる当日の発表順をくじ引きで決定!!


①新都心
②那覇西
③真和志
④中心市街地
⑤小禄
⑥首里

この順番で発表していただきます!!
今日のブラッシュアップを受けて、変更することもあるかと思います。
プレゼン方法など、チームメンバーでしっかり確認してくださいね。

そして、修了式での受講生代表挨拶を担当していただくのは、新都心チームに決定!
メンバーで話し合って、どなたがご挨拶いただくかは決めていただきます。
新都心チームのみなさん、挨拶楽しみにしています☆

発表・修了式のあとは、お待ちかねの打ち上げです。
なは市民協働大学院チアーズの盛上げ隊長の屋宜さんは、2019年修了生です。
隊長の独断(笑)で、今年度の打ち上げ幹事は、中心市街地チームに決定しました!!
中心市街地チームのみなさん、もぐもぐピクニックな打ち上げを期待しています🎶



第7回講座宿題

第7回のフィードバックについては、宿題ページからご確認ください
https://nahabito2019.blogspot.com/2022/11/blog-post.html

また、発表会・修了式・楽しい打ち上げを迎えるためにも、
みなさん、これまでの出席状況を必ず確認してください。
これまでの宿題についても、〆切11/22までとなります!!

そして、最後になんとなんと!城間市長からのまさかの電話で激励の挨拶が!!
「いい那覇市を市民力で!残りの時間も頑張ってください!」と、嬉しい言葉をいただきました。
最終発表に向けて、ラストスパート!!
各チームのみなさん、頑張ってください☆



【宿題】第7回講座_企画ブラッシュアップ/発表準備



【宿題①個別】

第7回講座の個別フィードバックフォームです。回答よろしくお願いします。


1.最終報告会までに改善したい事を教えてください
2.実現に向けて必要だと思った事を教えてください
3.その他コメントや質問、感想など

確認回答〆切は11/22(火)です。

※欠席者はチームメンバーから当日のディスカッション内容を共有して頂く必要があります。
 このフォーム回答をもって出席扱いとさせて頂きます。
 参加者はもちろん、欠席者の方はチームから内容共有頂きながら回答宜しくお願いします。

第7回アーカイブ動画▶︎(公開まで、しばらくおまちください)

修了要件
全8回中6回出席(3回以上欠席した場合は終了できない)
※現時点で2回以上の欠席&宿題未提出の方は宿題を提出すること

未提出分の宿題提出〆切:11/22

【宿題②チーム】

最終発表に向けた各チームの企画概要確認
12/3(土)の最終発表に向けて、各チームの企画概要をまとめて最終発表の案内文を作成します。
それに向けてご自身のチームの企画概要を以下の問いに回答する形で教えてください。


1. 誰のどんな課題に対する企画ですか。(200字程度で記入してください)
2. 企画のタイトルを教えてください。
3. 企画の内容を教えてください。(400字程度で記入してください)

確認回答〆切は11/22(火)です。

※チーム内で内容を整理して、必ず〆切までにご回答よろしくお願いします。
※前回までに回答済みのチームでも、内容変更したい場合は再度回答お願いします。

2022年10月20日木曜日

【宿題】第6回 共感を広げるコミュニティ・オーガナイジング

第6回講座のフィードバックフォームです。ご回答よろしくお願いします。

※欠席者及びzoom参加者について
チームメンバーから当日のディスカッション内容を共有して頂く必要があります。
加えて、アーカイブ動画や第6回の講座資料をご確認の上、ご回答よろしくお願いします。
このフォーム回答をもって出席扱いとさせて頂きます。



1.「コミュニティ・オーガナイジング」と「パブリック・ナラティブ」について理解度
(その理由や感想を教えてください)

2.自身で作ったストーリーの達成度
(その理由や感想を教えてください)

3.自身のチームの発表を客観的に聞いて参加したと思ったか?
(その理由や感想を教えてください)

4.今回の講座は最終発表に役に立ちそうか?

5.その他コメントや質問、感想など